離婚経験者が語るシリーズその2〜幸せな結婚を阻害するもの〜

おはようございます。

アナキンである。

 

 

みなみな様はいかがおすごし?

 

 

書きたいブログのネタが大分たまっているのですが、今回は結婚ネタブログの続きから解説していきたい。

 

前回のブログはこちら

sirdarthvader.hatenablog.com

 

きっかけはあの、佳子内親王の姉上であらせられる眞子様の結婚延期問題に端を発する。

 

それに関連して私は、結婚する前に何かヤバイ兆候を感じた場合は即刻結婚するべきか否か、一度立ち止まって考えるべしという旨をツイートした。

 

するとgiver様からヤバイ兆候が気になりますとのお便りをいただいた。

 

 

最初は回答する気があまりなかったのだが、最近アウトプット熱も高いため、頑張ってこの質問にお答えしようと思ったのが前回のエントリーの始まり。

 

前回は結婚工学と仰々しい言葉を使って、そもそも幸せな結婚とはなにか?というものを解説していった。

 

結婚工学第1定理 結婚に関わる問題=金(x)+人(y)

結婚工学第2定理 結婚=生活

結婚工学第3定理 幸せな結婚=生活の一致

 

今回のエントリーはこの3つの定理を踏まえて、幸せな結婚を阻害するものがなにか、そして結婚する前に気をつけるべきポイントとはなにか?というところを議論していきたい。

 

 

話は変わるんですが、ブログに画像入れて、ブログのリンクをツイートすると、ブログに貼り付けた画像がtwitterにも表示されるということに最近気づきました。

 

f:id:SirDarthVader:20180315221139j:plain

 

 

 

うむ

 

みんなの気分も上がりましたので、本題に入りましよう。

 

 

 

1.幸せな結婚を阻害するもの

これは前回のエントリーを読んでもらえれば、ある程度予想がつくだろう。

結婚とは生活であり、幸せな結婚は生活の一致である。

そして結婚の問題は人と金が絡んでくるのだ。

 

お互いの生活が一致していて、人や金の問題がないこと。

これが幸せな結婚生活を継続する上で重要になってくる。

 

 

 

幸せな結婚を阻害するものはなにか?

という問いに答えるとしたら、お互いの生活に悪影響を及ぼし、人間関係や経済で問題を引き起こすもの、これが結婚生活のガン細胞となる。

一言で言えば価値観の不一致という言葉で表現できる。

そして、お互いの生活の不一致こそが幸せな結婚を阻むのである。

 

 

もっと具体的に言えば、例えば朝起きてご飯を食べるのかパンを食べるのか、から始まり、都会に住むのか田舎に住むのか、仕事は?家族は?子供は?趣味は?セックスは?

結婚するといったら、具体的な生活レベルの問題から大きい事柄だったり30年50年単位で考えなければならないことまでに及ぶ。

これら些細なことから大きいことまで共に取り組んでいくのが結婚というものである。

なので、結婚相手を選ぶときの大きな基準は、これらの些細なことから大きなことに対する考え方が一致していることがとても大事なのだ。 

 

これこそが世間でいう価値観の一致と呼ばれるところである。

 

一つ言いたいが、男女で価値観が完全に一致することはない。

絶対にお互いに色々と生活習慣と価値観のすり合わせを行うことが必要である。

たとえどんなに考えやバックグラウンドが同じで相性が良くても、お互いにどこか妥協したり、今までとは違う行動をとらなければいけないくなる

 

 

どのような大事なのは、お互いに重要だと思っている分野で価値観が一致しているかどうか、という点である。

 

 

 

 

2.例:仕事

例えば、仕事について考えてみよう。

男はガンガン仕事をして稼ぎたいと考えていたとする。

女は旦那が仕事することよりも、自分を構うことを優先して欲しいと思っていたとする。

 

男の中で仕事の優先順位が低ければ、男も女も丸く収まるかもしれない。

定時で帰宅して、さほど稼がず出世せず事業を興すなどもせず、ただただ平和に生活する。そんな価値観の男なら嫁を優先して構うことも可能だろう。

 

しかし、男の中で仕事の優先順位が高い場合はそうではない。

こうなってくるとこの夫婦はお互いが求めるものを提供できなくなってくる。

俗に言うwin-winの関係というよりも、Lose-Loseな関係につながっていく。

 

ここで良くないのは仕事はまったく頑張らないわけではないけど、50%の力を注ぎ、50%は嫁のために時間を使う、みたいな折衷案を安易に選ぶべきではない。

女性の方は100%ではないから満足が得られず、さらに男性も仕事に100%の力を投入することができず、お互いに不満を貯める結果になりかねない。

 

 仕事50%家庭50%、これで満足できる人同士じゃないと、この折衷案は使うべきではない。

そもそも結婚前に自分が何を望んでいて、相手は何を望んでいるか。

これを明確にすべきなのである。

私も含めて、ここを明確にせずに結婚する人は多いのではなかろうか。

 

 

3.結婚前にすべきこと

前述したが、自分が何を求めているのか、そして相手が何を求めているのかをしっかり理解することは大事である。

自分が求めていることが何か?

 

以外と即答できる人は少ないのではないかと思う。

仮に即答できたとしても、その求めているものが本当に当人にとっていいものではない可能性もある。

人間というのは自分のことを良く知っているつもりかもしれないが、案外わかっていないことも多い。

 

私のことを振り返って考えてみると、自分が求めているものに対する認識は間違ってはいなかった。

昔結婚したときの私は仕事を優先するという想いをもって結婚したし、今もその姿勢に変わりはない。

結婚前には私は仕事を優先するし、その支えになってくれるなら結婚する、という点を元嫁にはしっかりと表明していたのである。

アナキンが何を求めているか、という点は明確だったのだ。

 

 

では何を間違えていたかというと、元嫁が求めているものを真に理解できなかったことだ。

実は元嫁自身も自分が結婚に求めているものを理解していなかったのである。

当の本人も結婚で何が欲しいのか、明確ではなかったのである。

(それがわかるのは結婚してからである)

 

 

 

元嫁が本当に結婚に求めていたものとは何か?

 

 

 

次回に続く。

医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68

こんにちは

アナキンです。

 

たまには書評ブログでも書きますか。

今回の本はこちら

「医者が教える食事術 最強の教科書 20万人を診てわかった医学的に正しい食べ方68」

 

 

本屋で平積みになっていたので、目にしている人も多いとは思いますが、今日はこちらを紹介。

 

 

 著者は牧田医師

北海道大学医学部からアメリカロックフェラー大学を経て、ご開業。

専門は糖尿病

 

 

ご専門が糖尿病とあって、この本は代謝に関する記述が大変丁寧に記載されています。

筋トレをやっている手前、代謝に関することは軽く知っているのですが、専門の方が素人向けに書いているだけあってわかりやすくかつ的確です。

知識がある人が読んでも、細かい点での再発見があります。

 

とくに血糖値コントロールについて、糖質と脂質を同時摂取することで急激な血糖値上昇を抑える技や、その他血糖値に関連する記載は豊富です。

特に血糖値とインスリン分泌の関連を記載している部分は勉強になります。

糖尿病専門医が書く健康本なだけあります。

わかりやすく代謝や血糖値コントロールについて知りたい方はおすすめできます。

 

 

健康オタクの流派でいえば、食事療法派糖質制限流、という感じです。

メインテーマは糖質制限です。

まあ、糖尿病専門医なら当然の流れですね笑

 

糖質NGで脂質推奨です。

本書では特にオリーブオイルとグラスフェッドバターなどが推奨されておりました。

良質な脂質に関しては他書を読んだ方が勉強になるかなと思います。

 

 

100冊くらい健康関連本を読んでいる私からすると既知の内容が多いですが、改めて知識の再確認を行えるので、読んでよかったですね。

 

どちらかと言うと健康初心者向けに書かれている本です。

清涼飲料水、砂糖、スナック菓子、菓子パンなどの有害性を知らない方向けに書かれています。

 

 

 

 

 

以下は本書で紹介されている正しい食べ方20です。

新しい常識1 糖質が太る唯一の原因

新しい常識2 カロリーと肥満は関係ない

新しい常識3 脂肪は食べても太らない

新しい常識4 コレステロール値は食事では変わらない

新しい常識5 プロテインアミノ酸は腎臓を壊す

新しい常識6 ちょこちょこ食べるほうが太らない

新しい常識7 果物は太る

新しい常識8 疲れたときに甘いものをとるのは逆効果

新しい常識9 発がん性を疑われているものは食べない

新しい常識10 運動は食後すぐに行うのがいい

体にいい食べ物1 オリーブオイル

体にいい食べ物2 ナッツ

体にいい食べ物3 ワイン

体にいい食べ物4 チョコレート

体にいい食べ物5 大豆

体にいい食べ物6 チーズ

体にいい食べ物7 ブルーベリー

体にいい食べ物8 コーヒー

体にいい食べ物9 酢

体にいい食べ物10 生もの

 

筋トレクラスタなどは新しい常識5には反論したいところでしょうかね笑

www.rehabilimemo.com

 

細かい論文は読んでいませんが、こちらのブログも参考になります。

牛乳や大豆由来のプロテインなら大丈夫なのかなーと思った次第。

 

 

 

プロテイン以外の記述については、概ね極端な主張もないため、本書の内容を実践して健康を害するということにはならないでしょう。

健康マニアクラスタ入門編にはいい本です。

 

 

 

 

ではまた!!!

モテるために認知度は必要なのか?〜第1回全国twitter男女恋愛意識調査〜

こんばんは

 

アナキンでおじゃる。

 

 

本当は結婚工学のブログを用意していたのだが、急遽テーマを変えて、ブログをお届けしたい。

本日のテーマはモテるために認知度は必要なのか?

というものです。

f:id:SirDarthVader:20180318204356j:plain

2日前に行ったアンケートの結果について考察していきたい。

みなさんが投票してくれたアンケート内容を覚えているうちに結果を公表したくなったので、早めのブログリリースを行う。

 

 

 

 

 1.アンケート内容

実は先日twitterであるアンケート調査を2本行った。

 

[男性向けアンケート] 容姿も性格も育ちも全く同じ双子の異性がいたとします。 周りの人はみんなA子ちゃんを知っています。 周りの人はみんなB子ちゃんを知りません。 唯一の違いは周りからの認知度。 貴方はAさんとBさんのどちらに好意を持ちますか?

 

[女性向けアンケート] 容姿も性格も育ちも全く同じ双子の異性がいたとします。 周りの人はみんなAさんを知っています。 周りの人はみんなBさんを知りません。 唯一の違いは周りからの認知度。 貴方はAさんとBさんのどちらに好意を持ちますか?

 

なんでこのアンケートを行おうと思ったのか明確な理由はないのだが、私の中にふと仮説がひらめいた。

男は容姿や性格が同じ女性がいるならば、人気がない方をより好むのではないか、という仮説。

 

ことの発端はこのツイート。

 

とても品のないツイートから仮説を構築していて恐縮ではあるが、このツイートを出してから上記アンケートを取りたくなったのだ。

 

最初は男性だけにアンケートを取るつもりだったのだが、これは女性にもアンケートを取って比較検証したら有意義な結果が出てくるのではなかろうかと思い、女性向けアンケートも追加した。

 

 

当初の私の仮説はこんな感じだった。

 

男性は容姿や性格が同じ女性がいれば、認知度が低いB子ちゃんを選ぶ。

女性は容姿や性格が同じ男性がいれば、認知度が高いAさんを選ぶ。

 

男性と女性で投票結果が真逆になるだろうと踏んでアンケートを実施してみた。

 

この仮説には理由があった。

男性の方は、容姿や性格などの要素が同じならば、認知度が低い方を好む。認知度が低い方が男性間での競争が発生しないため、男性側は認知が低い方を好むだろう、というのが理由だ。

反対に女性の方は、容姿や性格などの要素が同じならば、認知度が高い方を好むと考えた。認知度が高いというのは仕事ができたり、交友関係なども広くて能力が高いと女性は考えるのではないかと予想した。

 

投票してくれた人も色々と自分なりの予想を持ってアンケートに参加してくれたのではなかろうか。

昨日のkaiさんツイキャス内でもこのアンケートに触れていただき、大変ありがたいです。

 

 

 

 

 

2.結果発表

それでは結果発表といきましょうか。

 

 

 

この結果みなさんはどう捉えるでしょう?

ちなみに私は男性の結果は予想通りだったが、女性に関してはここまでABに差がでないとは思ってなかった。 

女性側だと認知度があるAさんに7割、認知度がないBさんが3割、という感じで男性と逆の結果が出てくると予想していたのだ。

それが意外や意外、Aさん45%でBさん55%である。

このくらいの差だと認知度という指標はあまり恋愛に影響してこない性質である可能性が出てくる。

 

 

もしこのアンケート結果が正しいとすると、巷に溢れている恋愛理論の一部は修正を余儀なくされることになる。

特に、男性はαメイル(集団や群れのリーダー的な地位にいるオスのこと)となって女性をgetすべし、というかなり普及している恋愛戦略があまり意味をなさないことにつながってくる。

 

今回の設問自体はαメイルとか集団のリーダーかそうでないかを比較したわけではないので、すぐにαメイル優位説を覆すことにはならない。

だが、周りからの人気や認知度が恋愛に大きな影響を与えないというのは予想に反しており、大変びっくりした。

Aさん45%とBさん55%なので、認知度があるAさんが負けているぐらいだ。

実に興味深い結果である。

しかし、男性の7対3のような大きな差は生まれていないのは、男性の好みとの違いが出ている。

女性の方が男性より多少認知度を異性に求めていることがうかがえる。

 

 

また、男性のアンケート結果についても、女性から見たらどのように映るのだろうか。

私はこの結果が妥当なものだと感じているし、3対7と結果にかなり差が出ているのでこの結果に納得な男性も多いのではなかろうか。

冒頭でも述べたが、私を含めて男性の7割は競争相手の少ない子を好む傾向がある。

このアンケート結果を踏まえて、女性の方も恋愛戦略を色々と考察してくれたら幸いだ。

 

 

3.結論

男性は周りからの認知度が低い女性を好む傾向がある。

女性は周りからの認知度で恋愛に影響を与えるほどの差はでない。

 

 

 

また仮説を思いついたり、アンケートを取りたくなったらご協力をお願いしたい。

投票してくれた皆様、リツイートしてくださった方々、ツイキャスで話題にしてくれたkaiさん、ありがとうございました。

 

また調査したいことが出てきたら、またやるかも!!!

 

ではまた!!!

離婚経験者が語る、幸せな結婚生活を送る上で必要なもの

おはようございます。

アナキンでござる。

 

 

やっと俺たちの青春AV選手権の結果発表までこぎつけて肩の荷がおりた笑。

 

sirdarthvader.hatenablog.com

 

 

 

今回のブログはうって変わって結婚について語りたい。

 

この話題、結構みなさんからリクエストをもらう話題なのだが、いかんせん筆がすすまないテーマなのである。

 

過去にも結婚離婚について書いた記事があるが、駄作駄文ですな。。。

自分が経験したことがあまりにも黒歴史すぎて、筆というかキーボードが止まるのである。

そこらへんは詳しく白熱教室で語っているので、聞いてない人はチェックしてほしい。

note.mu

 

 

白熱教室に出演したおかげで、私の重い腰がやや軽くなっているところに、以下のツイートの反応が結構あった。 

 

 

私が敬愛してやまない秋篠宮佳子女帝様の姉上の結婚に関するツイートである。

 

f:id:SirDarthVader:20180212170231j:plain

 

こちらは佳子さまであらせられる。

 

ああ、すいません。また話が脇道にそれた。。。。。

話を戻します。

 

 

 

みなさんご存知、小室さんと眞子様の婚約延期のニュースである。 

 

www.news-postseven.com

 

 

私のツイートでは結婚しようとしているときに、「ヤバイ兆候」が見えたら一時停止すべし、という内容のツイートを行った。

 

そこで、何が「ヤバイ兆候」なのか知りたいとの質問をぎば様から頂戴した。

 

あまり結婚ネタを語りたくない私は即座には返答しなかったが、過去にサイヤさんの鬼嫁を判断するキッカケ調査で回答した経験もあるため、そこまで秘匿しておく必要もあるまいと思い、ブログで回答することにした。

 

途中ストレスのあまり、倒れてしまったら申し訳ない笑

 

最近ブログ更新を続けていて、文章を書くことに昔ほどの苦を感じなくなってきているいい状態なので、この書きづらいテーマに挑戦したい。

みながアナキンに語ってほしいテーマの一つであるというのは、重々感じているので、その期待に少し答えてみたくなった。

 

 

 

では、本編にいきましょう。

 

 

 

 

1.幸せな結婚生活を送る上で必要なものとは(結婚工学3つの定理)

 

(1)結婚に関わる問題(結婚工学第1定理)

結婚生活を送る上で必要なものはなにか?というところから議論をスタートさせてみたい。

ここらへんの議論ってTL眺めていると、なかなかお目にかからない話題の一つである。

まあ、私がフォローしているアカウントはだいたいガチのビジネス系か恋愛工学系かナンパ系なので結婚が直接の話題になることが少なくなるのは当然ではある。

 

 

仮に話題にあがったとしても、事実婚だったり、複数家族を運営するハレ婚(一夫多妻制)だったりが話題に上るが、ノーマルな結婚形態に関する話題は少ないしどちらかというと否定派が多い印象がある。

いきなり特殊な事実婚や一夫多妻婚の議論を行うよりも、ノーマル法律婚のことをもっと考慮すべきだといつも思っている。

私は結婚に一度失敗しているため、現行の結婚制度に反対な立場に見えるかもしれないが、全否定しているわけではない。

問題があることはあるし、すべて肯定できる制度ではないけど、完全否定するのも難しいだろう。現行制度の枠組みの中でどうすべきかという点も考慮すべきである。

 

 

少々話がそれたので、話を元に戻そう。

ノーマルな結婚。結婚して、同居して、子供がいたりいなかったり、みたいな夫婦を想定しよう。

そこでノーマルな結婚生活を送る上で必要なことは何か?というところをまず語りたい。

幸せを阻害するヤバイ兆候を議論する前に、何が幸せな結婚生活に必要なのか?というポイントも大事であろう。 

 

このテーマだけで4〜5本くらいブログやnoteを書けそうではあるが、 軽く説明してみたい。

 

色々な観点がある。

ただ、結婚に関わるどんな問題も大きくカテゴライズしたら2つに分類できる。

金と人間関係。

どんな問題もこの2つの要素に帰結する。

金だけの問題、人間関係だけの問題、金と人間関係の複合問題。

アナキン流結婚工学の第1定理と呼ぼう笑

結婚に関わる問題=金(x)+人(y)

 

 

金に関わる問題の議論はそれなりに進んでいると思うが、結婚にまつわる人間関係の問題の議論はまだまだ進んでいない、というのが私の認識である。

結婚にまつわる金の問題はこちらの書籍を読むと、勉強になる。

 

 

「損する結婚 儲かる離婚」は結婚の法的側面と金銭にまつわる問題を理解する上で、これ以上ない教科書である。

法律婚を論理的に考えていくと、結婚は所得連動型の債券とみなす考え方はかなり画期的な理論である。

現代人必読の書としてもいいレベル。

 

 

金の問題も、人間関係の問題も多岐にわたるので、すべての事柄をこのエントリーにまとめることが難しいのはご承知いただきたい。結婚と離婚に関するエントリーはシリーズ化して、ブログで解説していくつもりだ。

 

 

種々の結婚にまつわる議論を見ていると、ステータスだとか金だとか議論しやすい外観の話に終始しがちだが、結婚はステータスや金だけではない。

それらの外観も大事なのだが、決して結婚の本質にはなり得ないというのが私の持論である。

誤解して欲しくないのは、金の側面を無視せよ、という主張ではない。

アナキン結婚工学第1定理は結婚に関わる問題=金+人である。

結婚の金銭的側面を無視しているわけではない。

 

 

 

 

(2)結婚とは(結婚工学第2定理)

では結婚とは何か?

 

 

 

 

結婚とは生活である。

結婚は職業やステータスや得るものでも、ファッションでも、だれかに表彰されるものでも、トロフィーでもない。

起きる、服をきる、ご飯を食べる、家事をする、外で仕事をする、休む、遊ぶ、寝る、セックスする、子供を育てる、etc

結婚というものは上にあげた日常生活を共にすることに他ならない。

 

 

結婚=生活

これアナキン結婚工学の第2定理ね笑 

 

 

決して結婚は海外旅行でも高級レストランで食事することでもいい家を買うことでもいい車を買うことでもない。これらは結婚に付随するアクセサリーみたいなものである。もちろん、家とかになると日常生活に密接に関連してくるので大事なアクセサリーであることは間違いない。

 

結婚とは日常生活そのものである。

日常生活をどのように営むか?この視点が結婚には不可欠である。

結婚経験者なら納得いただけるのではなかろうか。

 

 

そして日々の生活を積み上げていくことで生まれるライフイベントがある。

年齢と子供の有無や両親との関係などから生まれる諸々のライフイベントも無視するわけにはいかない。結婚式から始まり、出産、育児、仕事、冠婚葬祭、それらに関わる諸々のイベント。これらは結婚することで発生するライフイベントである。

 

これらのライフイベントも生活の延長線上に生まれてくるものだ。 

そして、このライフイベントをどのように進むのか、意思決定を下すことで日常生活にも大きな影響を与える。

 

日常生活⇄ライフイベント

 

ライフイベントに関してはお金や人間関係に大きな影響を及ぼす。

先にあげた第1定理に影響があることは、容易に想像できるであろう。

 

そのため、これらのライフイベントが色々な問題を引き起こす引き金になるのも、理解できるだろう。 

 人と金に与える影響が大きいからだ。

 

日々の日常生活と、そこから月日を重ねて発生するライフイベント、この2つを合わせた生活が結婚の本質と言える。

 

 

諸々の議論を見ていると、ライフイベントに関する言説を見かけることは多いけど、この日常生活について言及しているものは少ないと感じる。

ライフイベントも当然に大事なのだが、日々の日常生活も同じくらい大事なのである。

 

 

(3)幸せな結婚生活に必要なもの(結婚工学第3定理)

んで幸せな結婚生活に必要なもの。

相当考慮せねばならないポイントが山盛りな命題ではあるが、あえて一言で表現するならば「生活の一致」である。

これら生活に必要な行動を夫婦双方で一致させていくことが、幸せへの一里塚である。

上であげた生活のどこがが夫婦でズレていると、結婚生活に歪みが生じてくる。

 

起床時間が朝の人と昼の人がもし一緒に生活することになったとしよう。

たったこれだけでも、お互いにストレスを感じるはずだ。

 

食事ひとつとっても、好みが違ったら色々と生活に制約を受けるのは想像できるだろう。

食事に色々な制限がついてしまえば、それもまたストレスになる。

 

 

日常生活のズレ、というものはかなり問題なのである。

通常の結婚生活というのは往々にして同居生活を数十年単位で営むこととなる。

その数十年をズレたまま生活するとなると、その影響はかなり大きなものだ。

わずかなズレ、というものを軽視するのはあまりよろしくない。

 

そしてライフイベントに関わる意思決定のズレが問題を引き起こす。

ライフイベントで、右に進むか左に進むか、お互いが進みたい方向が逆になればそこから生まれる摩擦というものも大きくなる。

子供、仕事、日々の生活、、、、

大きな意思決定でズレがあると、夫婦間でかなりの摩擦が起きることは想像に難くないだろう。

 

 

 

田中角栄氏の言葉を引用したい。

「政治とは何か。生活である。国民の生活そのものである。政治とは国民の暮らしをよくするためにある。わが国は発達した議会制民主国家であり国民の知的レペルは高い。こうした国で政治が国民の手の挙げかた、足の運びかたまで指図する必要はない。政治の仕事は国民の邪魔になる小石をたんねんに拾って捨てる。国の力でなければ壊せない岩を砕いて道をあける。それだけでよい。いい政治というのは、国民生活の片隅にあるものだ。目立たずつましく、国民のうしろに控えている。吹きすぎて行く風、政治はそれでよい」。

 

この政治哲学が好きなのだが、これを結婚に置き換えてみると結構しっくりくる笑

 

「結婚とは何か。生活である。夫婦の生活そのものである。結婚とは夫婦の暮らしをよくするためにある。わが国は発達した男女平等国家であり夫婦の知的レペルは高い。こうした国で夫婦それぞれが配偶者の手の挙げかた、足の運びかたまで指図する必要はない。結婚の仕事は夫婦の邪魔になる小石をたんねんに拾って捨てる。夫婦の力でなければ壊せない岩を砕いて道をあける。それだけでよい。いい結婚というのは、夫婦生活の片隅にあるものだ。目立たずつましく、夫婦のうしろに控えている。吹きすぎて行く風、結婚はそれでよい」。

 

 

いい結婚というのは日常生活に資するものであるべきである。

結婚がお互いの日常生活の足を引っ張るものであってはならない。

なるべく生活の根幹に関わる部分はお互いに一致していることが望ましい。

 

いい結婚に必要な要素=生活の一致

これアナキン結婚工学第3定理ね笑

 

 

 

2.幸せな結婚生活を阻害するもの

次回以降に書きます笑

 

3.結婚する前に注意すべきヤバイ兆候

次回以降に書きます笑

 

4.結論

 やばい兆候を書こうとしたら、結婚とはなにか、幸せな結婚とはなにか、という面を語る必要があるため、幸せな結婚生活を阻害するものと結婚する前に注意すべきヤバイ兆候を書く前に力尽きてしまった笑

 

おかげで結婚工学の3つの定理をまとめることができた笑

 

やはり、と言うか、このテーマはかなり重い論点なので、複数回に分割して順序立てて解説していく。

 

giverちゃん様への回答はしばしお待ちください。

俺たちの青春AV選手権 結果発表

 

ふう、お疲れ様でありんす。

アナキンどす。

 

 

 

疲れております。

なぜなら、俺たちの青春AV選手権の集計作業を今終えたところなのです。

エピソード部門の集計は簡単なのですが、女優部門はまあ計算がややっこしくて、少しイライラしましたが、なんとかSUMIFることでことなきを得ました。

 

 

大会審査委員長であるアナキンから講評つきで各部門の1位から3位までの発表とMVPを発表します。

 

 

採点方法ですが、少し気が変わってリツイートは2点としました。 

 

中間発表後はあまり新エントリーがなかったので、私の前回エントリーのブログを参照してくれれば、ほぼほぼ全てのエントリーがわかります。

sirdarthvader.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

⒈女優部門

この女優部門ですが、集計が大変でした笑。

これ次回大会はやりません笑

 

 

個々人の性癖が如実に反映されるため、かなりバラエティーに飛んだ投票結果になりました。

エントリー数で得点を稼いだというよりも、熱い想いやエピソードつきの投稿がいいねとリツイートを集めて得点を稼いだ結果になりました。

単純なエントリー数ではなく、いいねとリツイート数で得点を計算するので、いいエピソードや熱い想いがのっかった女優が上位にランクインしています。

 

 

アナキンが個人的に共感したのはステイサムさんのエントリーですね。

好みがモロ被りwww

おそらく一緒にコンビナンパしてはいけない間柄だと確信しました笑

 

おそらく同世代だと思われる方々の投稿からは懐かしさや、あの女優にもお世話になったなあという感謝の念が湧き上がりました。

そして、違う世代の投稿からは、おおこんな女優がいたのか!!!という新しい発見も同時に感じました。

これはみなさん共感できるのではないでしょうか。 

 

 

 

 

 

 

 

それでは3位から発表!!

 

 

 

 

 

第3位

中田結衣 18点

 

 

エントリー者はくまのさん。

今大会唯一のブログでのエントリーがかなり得票数を伸ばしました。

女優の魅力や思い出を熱く語り、みなの共感を得た形となりました。

もしくまのオジキが入賞しなかったらアナキンはどつかれる予定でしたので、私もこの結果に満足しております。

くまのオジキのまとめブログによると去年最高PVを記録したアウトレイジの時を超えるPVだったようです。

アナキンがTLで騒がしくなるとオジキのブログが儲かる搾取構造ですね笑

kumaofpooh.hatenablog.com

 

 

 

 

 

 

では次!

 

 

 

第2位

成瀬心美 19点

エントリーは秀一さん、のいさん、牧場主さん

エントリー数3つは1位と同数のエントリー数です。

エントリー数も多かったですが、牧場主さんのエピソードでも得点を伸ばしております。

 

 

好きな人と似ているエピソードは、他の人もツイートしていました。

大変共感を覚えますよね。

まさにこれぞ青春AVという内容です。

 

私も当時のクラスメイトと似ている女優を発見したときは胸が踊った記憶があります笑 

届かぬ願いをAVにぶつける、というのは若かりし男子ならば一度は経験していることでしょう。

 

 

しかし、青春時代にこの恋愛工学の知識やナンパスキルがあれば、青春AVにはお世話にならなかったかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

それでは女優部門、1位の発表です。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

第1位

吉沢明歩

エントリーはnimoさん、ぎばさん、おりさんの3名です。

 

 これはぎばちゃんのエピソードが得点を大きく伸ばしました。

 エピソード付きの投稿をそもそも女優部門エントリーとするかどうか悩みましたが、特定の女優が関連する投稿は女優部門で取り扱うことにしました。

 

 

最大の鬼門である母親とのバトルというのが、青春AVにはつきものです。 

後半のエピソード部門でも多く投稿されていた母親という監査役の監視をいかにかいくぐってAVを見るか、というのも青春AVの一つの醍醐味であります。

そのエピソードの追い風を受けたのが大きかったですね。 

 

 

 

 吉沢明歩さん、おめでとうございます!!

 

 

それと女優部門の合計では及ばなかったものの、熱いツイートも紹介したい。

 

 女優プラス作品のエントリーという熱いツイートで女優部門ツイートではいいね数トップでした。

なかなか作品のことを熱く論評することって少ないと思うのですが、このようなエントリーはいいですよね。

 

 

 

 

2.エピソード部門

 

それでは続いてエピソード部門の発表です!

今大会を通して思い知らされたのは、このエピソード部門のあるあるネタの面白さでした。

ああ、みんな同じ体験しているんだなと共感しまくりです。

 

AVの隠し場所、AVの調達方法、監察官(母親)とのバトル、友人とのエピソード、当時のエロテレビ番組、などなどがエントリーされており、どれも共感を覚えるツイートでした。

 

 

それでは行きましょう!!

 

 

 

 

第3位

減量やなぎさん

 

 AVコーナーへの侵入を試みた小学生時代の英雄譚が第3位となりました。

どうにかしてこの禁断のエリアに入りたいという少年時代の気持ちを思い出させていただきました笑

 

私はどのみに借りる手立てがなかったので、入ってしまうと逆に悶々としてしまうだろうという判断で、この禁断の聖地に足を踏み入れることはなかったです。

 

小学生で聖地に巡礼するとは、なかなかの兵ですね笑

 

 

 

 

 

では次!

 

第2位

減量やなぎさん

 

 

人気エントリー分野であったAVの隠し場所部門です。

スーパーファミコンの箱は盲点でした。。。。

私はそこに気づかなかったです。

 

AVの隠し場所についてはみな色々と試行錯誤しており、多くのエントリーを集めています。

その分、みなの共感も大きいものでしたね。

 第3位と第2位の連続受賞です。

 

 

 

 

それでは次!

 

第1位

柳さん

 

 

二位と同じく、AV隠し場所部門からのエントリーです。

隠し場所部門は強いですね〜笑

ちなみにアナキンも隠し場所は柳さんと同じく勉強机の一番下の引き出し奥でした。

私の場合はそこから机の裏につながる隙間があったので、机の裏にも保管していましたね。

 

私もこのツイートが一番共感を覚えました。

それと柳さんは最多の9エントリーをいただき、ありがとうございます。

 

 

3.みるくはにぼん賞 

 

みなさん、ご存知の方もご存知ではない方もいるとは思いますが、女性垢であるみるくさんに特別審査員を依頼しました。

私が審査員をお願いする前から、みるくさんが勝手に色々と審査していたので、審査員お願いしたら引き受けてくれそうだなーーーと思い、特別審査員をお願いした次第です。

 

みるくさんのことをあまりご存知ない方もいるとは思いますが、この方は立派なツイ廃ですので、みなさん安心してください。

 

ではここからはみるくはにぼん賞の紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなり訳のわからない青春AV選手権という謎企画の審査員を引き受けていただきありがとうございます。 

 

 

 

4.MVP

以上のすべてを勘案して、MVPを表彰いたします。

厳正な審査の元、MVPを発表いたします。

 

 

 

 

 

 

MVPは 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

柳さんです!!!

おめでとうございます!  

エピソード部門に続きMVPの受賞となりました!!!!

 

 

 

エントリーも紹介しまいしたが、今大会ナンバー1のエントリー数でした。

大会審査員の私も、どんだけネタがあるんだよ!っと笑ってみておりました。

 

 

MVPの選出方法ですが、女優部門とエピソード部門で計算した「いいね」と「リツイート」による点数と、ブログエントリーポイント、AV自主制作ポイント、みるくはにぼん賞のポイント、各部門の入賞ポイントを加算して、一番点数が高いツイートをした人を選出するという方法をとりました。

 

MVPで接戦だったのはぎばちゃんのこちらのツイートが2位という結果でした。

 

おしくも柳さんのAV隠し場所ツイートに一歩及ばずという形になりました。

 

 

 

最後に、このバカバカしい頭の悪い企画にここまでの人たちが参加してくれてありがとうございます。

 TLをアホっぽい中高生みたいなノリにしてしまったことは申し訳ありません。

ただ、この企画を通して、新たな発見や共感が生まれたのではないかと感じております。

 

私のふとした思いつきでここまで盛り上がったのは大変嬉しく思っております。

ありがとうございました。

 

結果集計はなかなか大変だったので、次回大会はやる予定なし!笑

 

ここまでおつきあいいただきありがとうございます!

俺たちの青春AV選手権

おはようございます。

アナキンでござる。

 

 

 

こないだのグレートスーパーなんとか満月を見逃してしまいました。。。。

なんというミス。。。

 

 

今日の目次

 

 

忙しすぎてミスをしてしまいました。

そう、この企画のせいです。。

 

 

俺たちの青春AV選手権!!

 

ことの始まりはこちら。

 

 

風呂入っているときに、ふと思いついたんですよ。

企画内容なんてなーーーーーんにも考えていないのに、企画名だけが頭に浮かんだんですよね。

なんか語呂がいいし、音感がいい。

とくに企画が決まっているわけではないけど、青春時代に見たAVの思い出とかを語ったらおもしろそうかなーって感じの軽いノリでツイートした。

 

 

そして朝起きたら通知欄がとんでもないことになっていた笑

企画内容を詰める前からみんなのエントリーが始まっていたのだ笑

 

 

 

ドンドン集まるエントリー。

もう、これはやるしかないと思い、企画内容を一気に考えて、正式に俺たちの青春AV選手権を開催。

大会綱領はこちら

 

 

 

 

 

以上が青春AV選手権の概略になる。 

いいね数やリツイート数なども加味して、対象を決めていく。

ツイートでも発表したけど、

女優部門賞、エピソード部門賞、特別審査員みるくはにぼん賞、MVPの4部門を考えております。

エントリー期限は2/7(水)まで。

俺たちの青春の熱い想いをこの大会にぶつけて欲しい!!

 

 

それと特別審査員のみるくはにぼん氏はまだ審査員をやるとは明言されていないのですが、もうすでに自主的に審査を開始されているので、引き受けてくれると信じております笑

 

 

 

 

 

では、いままでに集まったエントリーを紹介していくぜ!!

ついてこれる奴だけonly follow meじゃ!!!

Here we go!!!!

 

⒈女優部門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

www.aurora-pro.com

 

 

 

 

 

 エントリー数が多すぎるので画像リンクは省略w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

adult.contents.fc2.com

 

adult.contents.fc2.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

supervip.caribbeancom.com

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ここからエピソード部門!!

2.エピソード部門

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ふう。。。

中間発表ブログの時点でかなり疲れた。。。。

まだまだ熱い投稿待ってますぜ!! 

 

 

好みのタイプの女性を口説くために押さえるべきポイント

おふぁようございます。

アナキンでごじゃる。

 

 

前回のブログはど深夜にアップしてしまうという、読者をガンシカしたような行動をとってしまい反省しています笑

なので今回は木曜日の夜にこのブログを書き上げて、土曜日の朝イチに配信してみる笑

毎週土曜の朝配信目指してみるかなー

 

 

 

しかし、寒い!!!

寒すぎる!!!!!!

雪は別にいい。冬将軍をどうにかして欲しい。。。。。

顔面が痛いので、早く春になって欲しい。

みなさんも寒さと雪には気をつけてくだされ。

 

 

では今日の目次

 

 

1. 初めに 

今回は前回の続きで質問箱への回答ブログ。

年末年始にゲリラオブアウトレイジと称して質問箱へ寄せられた投稿に鬼回答していた際にいい質問が来ていた。

質問箱は回答が100文字までと制限があるため、簡単な質問への回答には十分なのだが、少し込み入った話となると100文字での回答は難しい。

その場で回答が長くなりそうだと判断したものや、詳しく解説したい話題が来たときなどは、こうやってブログで取り上げていきたい。

今も質問箱は開放中なので、気になる話題があれば投稿いただきたい。

すでに2本ほど質問箱へのアンサーブログを書いているが、今回もアンサーブログ第3段。

 

過去のアンサーブログはこちら

sirdarthvader.hatenablog.com

 

 

今日のお題はこちら 

 

”清楚、ロリ系が好みです。例えばアナキンさんがそっち方面にターゲットを絞るならどんな対策(髪型やファッション、トークなど)をとるでしょうか?差し支えなければお伺いしたいです。” 

 

”こういう質問して!笑 清楚系とロリ系は僕の専門外なのでいい回答はできないけど、これはしっかり回答したいからブログで回答させて下さい。 ちなみに今執筆中のnoteにこういうこと書いてます(予告)”

 

回答してないな笑

 

いや、清楚系とロリ系は専門外なので直接タメになる回答が思いつかなかったっていうのもある。

今回の回答は、清楚系ロリ系への対策というよりも、もう少し視野が広い議論をさせていただきたい。

それは好みのタイプの女性を口説くのに必要となるポイントはどこにあるか?

という点である。

女性のタイプ論って女性をどの切り口で分類するかによって色々と議論が分かれるので、ここでは外見による分類に沿って話をすすめる。 

 

 

 

 

2. 好みのタイプの女性を口説くために押さえるべきポイント 

これってあまり議論されていない論点のように感じるけど、大事なこと。

特定のタイプの女性をゲットするのに必要なものとは何か、という議論はあまりお目にかからない。

◯◯系女子を落とす方法!とかってTLとかブログとかnoteで出てこない気がする。

もっと出てきてもいいんじゃないかなって思っている。

雑食系男子が多いのかもしれないが、人それぞれ好みはあるだろう。

ギャル系を落とす方法とか、JDを落とす方法とか、真面目系を落とす方法とかのnoteでも売ればいいんじゃないのかね?

誰も書かないなら私がペラペラnoteを執筆しますかね笑

 

 

 

 

話が脇道にそれた。

んで、あるタイプの女性を攻略する場合にポイントとなるものとはなにか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

見た目である。

もっと詳しく言えば服装と髪型

(これ次回作noteで書こうと思っていた論点であるが、ここで出しちゃう♡

次の詐欺noteはいつ出すことやら、、、、)

 

 

 

 

 

 

そういった意味では質問者さんは好みのタイプの女性を口説くのに必要となるものが何かという点を抑えている。

 

 

 

 

 

 

 

みなさんも試して欲しいのが、服装を変えてナンパをやってみて欲しい。

反応を示す女の子の層が変わるのがわかるだろう。

スーツ時のナンパと私服時のナンパでは、反応が異なるのが明白であることは容易に想像できるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

言われてみたらそりゃそうだろ、と納得するとは思うが本当にこれを実践している人は少ない印象がある。

 

 

 

 

 

例えば、貴方は強め小麦色ギャルが好きだとしよう。

こんなやつらね↓

f:id:SirDarthVader:20180124224223j:plain

声かけ対象もアポ対象もギャルのみに厳選しているとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで貴方の服装がこれだったらどうだろう?

 

f:id:SirDarthVader:20180124224345j:plain

f:id:SirDarthVader:20180124224731j:plain

 

 

 

 

 

どう思う?

 

 

 

 

 

この男性が上のギャルに声かけするの、どう思う?

 

 

 

たぶんうまくいかない。

オープンすら難しいのではなかろうか。

 

 

この男性たちが上のギャルと歩いている姿を想像して欲しい。

 

 

 

 

 

 

 

想像した?

 

 

 

もうあの単語しか出てこないよね。。。

同伴。。。

 

 

そんな同伴みたくなるやつおらんやろ!って思うかもしれないけど、意外と声かけ対象にマッチしていない服装で声かけしている人っていると思っている。

 

マッチしない層にも声かけすることはナンパの幅を広げるという意味では必要なことだと思うけど、本当に落としたいタイプがいるのにそのタイプにウケない服装をするのはちょっと違う。

 

ナンパだろうが恋愛だろうが、落としたいタイプがはっきりしているならそのタイプに合わせていくべき。

 

 

びっぱーパイセンも同種のことを仰っているぞよ。

 

 

 

3. 清楚系とロリ系への対策 

んで質問に戻りましょうか。

一口に清楚系、ロリ系といってもそれなりに幅はあるよね。

こんな感じの子を想定したらいいかね?

f:id:SirDarthVader:20180125213618j:plain

 

f:id:SirDarthVader:20180124232208j:plain

 

1枚目は清楚系でぐぐって出てきた子

2枚目は清楚ロリ系でぐぐって出てきた子(ロリ系ファッションでぐぐったらゴスロリしか出てこないwww質問者さんの想定するロリがどんな感じかわからないので、これで勘弁してください)

ロリ系ってファッションから分類するロリ系と、顔とか年齢でロリ系と呼ぶことがあるけど、ここではファッションのロリ系を想定する。

 

 

清楚ロリ系でぐぐって気づいたけど、こういうややロリファッションの子は得意だわ笑。こういう服装の子がいたらすぐ声かける笑

 

 

 

んでもし私が1枚目の清楚系を狙うなら、オーソドックスなキレカジ系ファッションで行くね。

f:id:SirDarthVader:20180124232659j:plain

清潔感やさわやかさ重視にいく。

 

 

んで2枚目のややロリ系を狙うなら、同じくキレカジだけどどこかかっこいい要素が含まれている服装でいくね。

f:id:SirDarthVader:20180124233416j:plain

 

 

清楚系ロリ系を狙うならキレカジ系の服装で固めるのが無難だろう。

ロリ系に重きを置くならば、上で挙げたようにややかっこいい要素が含まれたものを選択するのがいいかな。

 

 

 

この組み合わせが絶対唯一の正解とは言わない。

特にロリ系については、この写真の子なら上であげた服装がいいと思うが、本当に幼い感じのリュック系ロリだともっとカジュアルな服装にすべきだろう。

 

 

 

 

髪型は、、、今度解説させて笑

写真探すのに疲れた笑

1枚目の清楚系ならさわやかな髪型でいくといいと思うし、2枚目ならちょいチャラくらいの遊びがあるスタイリングの髪型でいくといいかな。

 

 

 

それとトークについての質問も含まれていたけど、清楚系やロリ系に特化したトークというのはないかな。清楚系やロリ系に相性がいい話題とかはあるけど、清楚系だからこういうトーク展開にしなければいけない、とかギャル系だからこうしなきゃいけない、とかはないと考えてる。

 

タイプ別にトークのやり方を変えることはないけど、話題はその女の子に合わせていけばいい。

 

 

 

4. まとめ

ここでは女性のタイプを外見で分類した場合の攻略方法を考えてみた。

ここでのポイントはいかに自分の外見を女性のタイプに合わせるかという点である。

あまりこの手の話で詳しく解説したブログはないように思えるので、各系統にはこの服装が合う!みたいな議論が活発化されるとおもいしろいね。

 

 

例えば、ギャルが好きなのに、ギャル対策をとっていない人。

意外と多いんじゃない?

ギャル対策、すなわちギャル受けする服装と髪型にすること。

髪型をいきなり金髪にするとかは難しいけど、服装をギャル向けに修正することは誰でもできるだろう。(髪を金髪にするのはバンギャ対策かも)

 

一つのタイプに特化していくと他のタイプに適応できなくなるので、特化型で行くのか広く対応できるように汎用型で行くのか、自身が求める方向で頑張ればいい。

 

 

ではまた!