アナキン流おいはぎ術〜最終抵抗突破原論

ご無沙汰しております。

アナキンです。

 

 

久々にブログを更新します。

 

最近、自分がこの業界に何か還元できることはないか考えていました。

多くの人たちが知識や経験を広く還元している姿を見て、

たまには自身の経験から学んだことを業界に還元したくなりました。

ツイッターでは思いついたことをポンポン好き放題つぶやいていますが、こうやって異なるメディア形式でも情報発信をしてみようかと、ふと思いつきました。

文章を書くのは得意ではないので、ブログは低頻度で更新することになりますが、一年近い活動から学べた知見を徐々に還元していきます。

 

 

 

 

今日のテーマはベット上グダ崩しについて。

僕は自慢じゃないが、ホントにグダられる。

面白いくらいにグダられる笑

個室のベットに連れ込んでから1時間グダられるなんて、日常茶飯事です?

2時間〜3時間グダ崩しを行うこともあります笑

 

 

 

 

ベット上でグダられるなんて、お前の腕がショボいからグダられてんやろ!!

というのはもっともです笑

凄腕になり、そもそもグダられないナンパやギラを習得するのが一番王道だと思います。

女の子を圧倒するルックスとトークと雰囲気。

ナンパを真剣に嗜む者ならば、この3つは常に向上すべしでしょう。

 

 

 

 

しかしです。

私はまったく別方向に進化しました。

どんなにグダろうと、確実に仕留める技術を向上させたのです。

たまたまですが笑

 

 

 

 

今ならベット上にグダられても、9割はグダ崩しをできる自信がある。(生理グダは除く)

いや、8割かな(生理グダは除く)

生理グダは崩しません。

アナホテルの大切な備品であるアナベットを汚すわけにはいきません。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて本題。

ベット上のグダ対策は何個かあります。

思いつくのは以下の3つ。

 

1 グダられないナンパを志向する

2 グダらない女の子を見極める目を養う

3 グダられても確実に仕留める技を磨く

 

1、2も軽〜く解説しますが、私が力説したいのは3です。

では順番にいきましょう。

 

 

1 グダられないナンパを志向する。

 

上述した通りです。

ナンパ成功の必須要素である、ルックス・トーク・知識・メンタルetcを向上させること。

これらの基礎力向上はグダ防止に一役買うと思います。

ここらへんはそれぞれの要素ひとつでも大きなテーマなので割愛します。

 

 

2 グダらない女の子を見極める目を養う

 

同じナンパをしていてもグダる女とグダらない女がいます。

それなりに数をこなしてくると、この2種類の女性がいることがわかります。

特に顕著なのがナンパする場所ですね。

私はストナンとクラナンしかやらないのですが、この二つでのグダ率は有意な差があります。

私の場合は、どう頑張ってもストナンの方がグダられます。

クラナンでグダられたことはほぼありません。

グダられるのが嫌ならクラナンすればいいじゃない、ってマリーアントワネットも言っています(嘘)

 

 

 

 

人によってはストナンの方がグダられない方もいると思います。

得意な場所で戦うというのも手だと思います。

ストナンの方が難しくてクラナンは簡単!ということを主張したいわけではありません。クラナンにはクラナンの難しさがあるのは重々承知しております。

同じ人間でも、場所が変われば女性のタイプも変わりグダ率も変動していくはずです。

 

 

 

それとグダらない女かどうかの見極めですが、正直これといった正解はわかりません笑

 

私の少ない経験から言えるのは、女の子の男性経験人数は大きな要因かと思います。

処女も何人か対戦しましたが、どの戦いも接戦でした。

グダが強かった。。。

 

男性経験人数、年齢、場所、季節、、、これらの要因が重なり合い、女の子のグダ率が変動するのでしょう。

 

まだまだ成長途上にあるので、グダらない女の見分け方を今後見つけた際には、再度ブログを書きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

3 グダられても確実に仕留める技を磨く

 

本日のメインです。

私はあまり他人のナンパブログ・書籍・教材を読まないので、この技が既出でしたらすいません。。

そんなの常識やん!となるかも笑

 

 

 

私は幾度となく、ベット上で激戦を戦ってきました。

まさにムスタファーでの戦いです。

f:id:SirDarthVader:20160726001303j:plain

大体いつもこんな感じ笑

 

 

ベットに搬送してから行う戦いの8割が衣服との戦闘です。

 

いかに女の子の服を脱がすか。

冬は本当に大変。

脱がす枚数の多いこと多いこと?

グダるやつは着ている服の枚数も多い!!!(勝手な主観)

 

ベット搬送前にキスしてボディータッチもすまして、さあ最後は用をたすだけ、みたいな状況ならグダも少ないでしょうが、毎回毎回綺麗にベット搬送が行われるわけではありません。

 

ギラもままならずベット搬送が行われた場合どうするのか??

 

私は一つ一つ戦います。

グダるやつの上着(例:パーカー)を脱がす際には大体以下のセリフを投げかけます。

「とりあえず暑いからパーカー脱ごう」「服がしわになるし、そのパーカーをハンガーで掛けとくね」「そのパーカーいいね、おれにも着させて」

グダらずに成功したら、一枚服を脱がす。

失敗したら即話題を変える。

今までトークしてきたネタに戻り、険悪なムードにならないように努める。

アナキン流おいはぎ術では強引な攻めは行いません。

 

それと服を脱がすときは介護職員や看護師になった気持ちで取り組みましょう。

素早く綺麗に服を脱がすには、身体の補助も必要でしょう。

私は、ここに心血を注いでいます笑

いかに素早く綺麗に涼しい顔をしながら服を脱がすか。

焦ってる感は興ざめですよね笑

まだまだ私も研究途上ですが、いつもより美しく服を脱がしていきたいと思っております。

これは私の服脱がせ師としての美学の一つ。

 

一瞬の隙も見逃してはいけません。

脱がない脱がない言っていても、どこかのタイミングで抵抗の力がふと弱まる瞬間があります。

そこを逃してはいけません。

そこで金魚すくいのごとく、瞬時に上半身を起こし、片腕を脱がします。

強敵だと、片腕脱いでるのに、もう片方でもグダる戦士もいます。

冷静に同じ要領で対処していきましょう。

 

 

 

んで服を脱がしつつ、ボディータッチやキスなど身体攻撃も織り交ぜます。

身体攻撃は服脱がしのための補助です。

 

ボディータッチも一気にCTはいきません。

徐々に徐々にいきます。

髪触る、耳触る、体触る、キスする、CTする。

エスカレートしていけば、どこかでストップする瞬間があるはずです。

髪はいいけど耳はNG、キスはNGなどなど。

ストップしなければラッキー!即系をおいしくいただきましょう。

グダが発生したら無理せず1マス戻りましょう。

服脱がしと同じ要領です。

焦らず和むか、身体攻撃のレベルを一つ下げましょう。

 

 

 

グダられた場合、向こうはなんかご高説を講釈されることもあります。

「付き合っていないと無理」「初めて会った人とはやらない」「前も男とホテル行ってもやらせなかった」etc

ありがたいお経だと思ってスルーしましょう。

お坊さんと禅問答するのはやめたほうがいいと思います。

なんで?とか、それはおかしい?こういう場合なら大丈夫だよね?などの議論は避けております。

私はこれらのありがたいお経をフル無視して、ゴールを決めています。

なかにはこれらの禅問答が得意で、禅問答崩しを生業にしている人も多くいるとは思いますが、私は苦手です笑

禅問答やると雰囲気は堅くなるし、女性の建前と戦うことになります。

まあ、禅問答崩しでゴールを決めた方がなんとなくかっこいいですけどね?

私はゴール決めれたらいいので、禅問答崩しのスキル向上は後回しにしてます。

お経がきたら大体「大丈夫、大丈夫」とか言ってうやむやにします。

今後は禅問答崩しのスキルも向上させていきたいとは思っていますが。。。

 

 

 

 

と、そんなこんなで服を脱がし、ボディータッチも決まってきました。

ここまでは多分常識の範囲内のグダ崩しだと思います。

ここからアナキン流(笑)

しかし、衣服の一つ一つのパーツを脱がすのに15分づつグダる強敵だと、1時間かけても全裸にはいたりません。(夏なら違うかな)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさんは1〜2時間グダられたら諦めますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

諦めないでください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まだ奥の手があります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一旦休憩してください。

 

 

 

 

 

????休憩?????

とお思いでしょうか?

 

アナキン流おいはぎ術はこの休憩こそが肝です。

1〜2時間を超す長期戦の場合、女の子も緊張が連続して疲れています。

当然男も。

アナキンVSオビワン戦のライトセーバーのつばぜり合いを長時間やっていたら疲れるのは当然です。

トイレ休憩でも飲み物飲むでもいいです。

一呼吸入れましょう。

 

 

 

5分くらい休憩をいれて試合を再開してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜかグダリません笑

本当にさっきまでのグダはどこいったんだ!!!!

と突っ込みたくなります。

休憩を挟んで、負けたことは一度もありません。

 

緊張感の連続の中、セクは生まれないのでしょう。

適度なリラックスが必要なのだと思います。

 

一番すごい事例は3〜4時間かけてようやく上半身を脱がしたけど、一旦服を着させて休憩したあと、再度ギラついたらノーグダになった戦いです。

これは完全に負けたと白旗あげて休憩したのですが、なぜか逆転勝ち笑

このような事例はすでに何度も経験しているので、ほぼ有効だと確信しています。

 

 

みなさんも適度なタイミングで休憩をいれてみてはいかがでしょうか?

時間が限られている中ではなかなか難しいですが、それなりに使える技だと思います。

なにより簡単だし。

 

 

 

最後に

アナキン流おいはぎ術の要諦は、緊張と弛緩を繰り返すことにあります。

緊張と弛緩を自由に行き来できるようになれば、ベット上でのギラつきもスムーズになります。

それと本当に女の子が嫌がっていたらストップしてあげてくださいね。

僕のギラつきは、グダられたら一旦ストップ、1マス戻る、が原則です。

安心安全を優先しましょう。

 

 

以上となります。

ご精読ありがとうございました。