読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

好色一代穴金散歩記1

ども、アナキンです。 

前回はお堅い日記にしてしまったので、今回は軽い内容でいきます。

 

それとブログタイトルを変更しました。

SirDarthVader(ダースベイダー卿)って芸がないので変更しました。

とりあえず以下の通り!

「好色一代穴金」

 

気が変わったらまた変えるかもしれませんが(⌒-⌒; )

ブログのタイトルって結構ブランドイメージとかに響きそうですよね。

世界平和や社会問題に真正面から切り込むブログを目指す者としてはここはこだわりたい。

とりあえずこれでいきます。

 

 

というわけで今日はある散歩のお話。

 

ある夏

アナキンは夏休みを取得して家に引きこもっていた。

たちの悪い夏風邪を引き、やりたいことがまったくできなかった。

 

夏休みに入る前、僕はある決断を下した。

「もう合コン、パーティーの主催はしない」

 

 

夏休みに入る前、僕は合コンやBBQ(パーティー、イベント)を駆使して鮑漁をやろうと画策・行動していた。

かなりの数をこなしていた。

当時の僕は、なんとなくBBQやイベントから鮑をゲットすればリア充感も出て、リア友にもドヤれるんじゃないかと思っていた。

恋愛工学で言えばハイパーフレンドシップ戦略を模索していた。

 

 

 

しかし、6月の相席屋からの即ゴールから1ヶ月以上ゴールが遠のいていた。

結果が出なかった。

まったく。

このような漁法については今後論文として考察する予定である。

僕の失敗例を論じていこうと考えています。

僕のスキルではこの漁法は難易度が高く、まだまだ修練が必要であるということはわかっている。

 

 

 

そんなこんなで結果が出なかった中、もう一つの決断を下した。

「散歩講習の受講」

なりふりなんてかまってられねえと判断して、twitterでよく目にする散歩道場に入門することにした。

夏休み最終日に道場で散歩講習を受けることにしたのだ。

 

そうなれば当然夏休みは散歩しまくろうと考えていたのだが、、、

風邪。。。。

 

夏休みの後半、ようやく風邪が治り散歩できるぐらいの体力が戻っていた。

しかし焦るアナキン。

 

本格的なナンパなんてほとんど経験なし!

買い物中に店員ナンパする程度。

看護師さんと1度だけ準即、ストナンはアポからDKまでが限界でした。

 

今の僕のツイートからは想像できないかもしれませんが、ほんの2ヶ月前までは地蔵王です。店員しかナンパできなかったです。

 

 

「さすがになんもやってない状態で講習受けるとか、あまりにも失礼すぎるだろ」という想いがあり、講習の直前に街に繰り出す。

テスト前の追い込みかよ!と自分でも思いつつ、散歩開始!

一人目に声掛けするのに1時間くらいはかかった。

その間足は止めなかったので、かなり歩いた。

 

オープンはするがLゲに至る案件はなかった。

声掛け数は10を超えていただろうか、、

 

一人の女性に声をかけた。

 

アナキン「こんばんは〜」

イヤホンを外す女性

女性「こ、こんばんは。何ですか?」

アナキン「ん?何ですか?うーん、何だろうね?俺もよくわからないんだー」

女性「ちょっとー、わけわかんないよー。」

徐々に歩みが遅くなる。

アナキン「はははそうかな。お姉さんは学生でしょ?これから友達と飲みに行くじゃない?」

女性「そうだよー。私ねー、バイト帰りなんだー」

アナキン「そうなんだー」

女性「バイト中、飲んじゃったさー、あはは」

アナキン「バイトだからって手を抜いてるだろ!ちゃんと働きなさい!」

 

ここで足が完全に止まる。時間は9時過ぎ

女性「店長が飲んでいいっていうんだもん!」

アナキン「ずいぶん緩い職場だね。ところで俺さ、1時間後に友達と飲む約束してるんだけど、それまで時間空いてるんだ。軽くバーで飲み行かない?」

女性「ええーーー、だって友達と飲む約束してるんだよー」

アナキン「俺も同じだから大丈夫だって。1時間だけ。10時には解散するよ」

女性「10時解散だからね!」

 

アナキン初連れ出し!!!!

この時の模様はtwitterで興奮交じりに報告しました。

 

 

バーにて

女性「ねえねえ、お兄さんは名前なんていうの?」

アナキン「アナキンだよ。」

女性「ハーフみたいだね?」

アナキン「うん、そうだよ!よくわかったね!!」

女性「え?ほんと!すごーい!」

いつものハーフネタ。

 

 女性「ていうかさ、声かけたとき、すごい慣れてたねー」

アナキン「慣れてないよ。めっちゃ緊張してたんだぞ。かわいいから勇気だして声かけたんだよ」

女性「嘘だー、そうやって嘘ばっかりついてナンパしてるんでしょー」

と嬉しそうに僕を嘘つきナンパ男に認定。

この時は本当に緊張してました。

 

約束の1時間を過ぎ、

0.5秒以下のボディータッチを連射。

手繋ぎ、竜巻旋風脚をこなし、軽くキス。

 

終電が近づく。

女性「ああ、友達の約束も破っちゃった。。。もう帰らないと。。」

アナキン「これ飲んだらねー」

終電逃しのために直前にドリンクを追加。

 

無事終電も逃し、バーを後にする。

ここでストナンからの初即を狙う。

 

 

手を繋ぎ、川沿いを散歩する。

 

 

鯉が見えるベンチに腰をかける。

 

 

 

 

 

 

 

DK!!

 

 

 

 

 

 

 

DKが決まる!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はこのセリフ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナキン「もう少しゆっくりできるとこ行かない?」

女性「うん」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アナキン家で無事ゴール!!

 

 

ストナンからの初即、非常に嬉しかったです。

即にこだわりがあるタイプではなかったのですが、即はやはり達成感があるし、出会ったときの興奮と上手くゲームをこなせた興奮とセクの興奮と入り混じり、達成感は高いです。

 

講習を受ける前に少しはストナンしてからじゃないとダメじゃん、という気持ちがいいプレッシャーになり、実力以上の散歩ができた。